メインコンテンツに移動

ゼノンの電解水はここ(経時変化)が違う!

特殊電解水「ピュアステラ」pH12.7の経時変化について

特殊電解水「ピュアステラ」pH12.7の生産充填時から、1年毎のpH値の変化を観察した。

測定日と外観の表

試験方法

生産充填した「ピュアステラ」pH12.7の経時変化を観察するため、その指標となるpH値を20℃で測定した。同一ロットの「ピュアステラ」pH12.7を、1,800mlのボトルに10本充填し、密封して1年経過する毎にpHを測定した。

経時変化

特殊な電気分解

通常アルカリイオン水を作る際は、電極を入れ10数分程度電気分解をする事でpH12前後のアルカリ水を生成します。ピュアステラでは、電極板の間を水を循環対流させた上で、60分間掛けて電気分解を行っております。 pH13.2でありながら、経時変化がほとんどない特殊なアルカリ水を生成しております。

ピュアステラの特長

検証データのダウンロード

製品の検証結果データをご覧いただけます。

製品Q&A

ピュアステラのこと、ビジネスパートナーのこと、お気軽にお問い合わせください。

03-6914-6696  03-6914-6697
テレワークを推進しています。
ご質問は「お問合せフォーム」をご活用ください。